理想のくびれを作る

理想的なくびれのサイズにするには

くびれ,サイズ,お腹

 

理想的なくびれを手に入れるには、バランスが重要です。くびれのあるメリハリの体型は、バストとウエストとヒップのスリーサイズのバランスが重要になってきます。日本人女性の平均身長は155センチで、理想の数値を計算するとバストは77.5センチでウエストは58.9センチでヒップは83.7センチになります。

 

ウエストを細くするために、お腹の周囲ばかりに目がいって見た目のバランスが悪いと綺麗に見えないです。正面から見た時と側面から見た時のそれぞれのウエストの細さが、美しく見えるようになります。美しいくびれを作るには、腹斜筋を意識して腹筋を鍛える事です。

 

普通に腹筋を行うだけでは不充分でなく、正面部分だけを鍛えてもお腹の前後や左右は引き締まらないです。ウエストが細くても、正面から見ると寸胴に見えてしまうので綺麗なくびれに見えなくなります。お腹の側面の筋肉である腹斜筋を意識して鍛えて、腹斜筋を鍛えるには身体を捻る運動とストレッチが効果的です。

 

上体起こしに捻りを加えて、腹横筋をメニューに加えます。最初は慣れないときついと感じるが、慣れてくるとくびれが出来るようになってきます。見た目も綺麗になるために、ウエストを引き締めるようにしましょう。

くびれの左右差を解消するには

くびれ,サイズ,お腹

 

ウエストのくびれが左右で差がある場合は、身体が歪んでいる証拠です。腰が反っていると、お腹から浮き出るように肋骨が持ち上がるので外側に広がるように肋骨が歪みます。腰の緊張や背中のハリ等で腰が反ってしまい、肋骨からお腹に肌が引き離されて筋肉との間に隙間が生まれてしまいます。

 

そこに脂肪や食物が流れ込んで、お腹周りが大きくなります。反り越しによって肋骨が歪んで広がった事により、ウエストがくびれがなくなり歪んで場合によっては左右が違っていきます。歪む事で太り過ぎたり、痩せにくくなったりします。

 

左右差がある場合の対処法は、原因によって異なります。骨盤の高さが違う場合は、骨盤前後の捻じれが原因なので右の骨盤が前回りで左の骨盤は後ろ回りの状態です。骨盤の捻じれをとるには、椅子に座って片方の足を反対側の膝の上に開きます。

 

足が浮かないように開いた足の膝を手を置いて開いた方の足の反対に、斜め45度身体を前に倒していきます。そのまま30秒伸ばして、腰からお尻の外側や股関節のストレッチされていき、特にお尻の外側にある中殿筋を伸ばします。

 

反動をつけないようにして、左右30秒ずつ行います。日常生活で再び歪んでしまうので、良い姿勢を維持する意識を常に持つようにしましょう。

くびれの効果が出る期間

くびれ,サイズ,お腹

 

腹斜筋を鍛えると、1週間程度でくびれ効果を感じられるようになります。腹斜筋は肋骨の下から脇腹にかけて斜めにある筋肉で、ぽっこりとお腹が前に出ている上体の場合は腹直筋を鍛えるだけではくびれは出来ないです。

 

腹筋を100回行って腹直筋を鍛えても、腹斜筋が鍛えられる事はないです。毎日鍛えると1週間で、ウエストが引き締まっているのが実感出来ます。腹斜筋を鍛えるには、毎日の通勤電車の中で立っている時やデスクに座っている時はお腹を意識的に引っ込めて姿勢を正して行います。

 

お腹の両脇の筋肉が、引き締まるのが感じられます。どこでも出来るやり方なので、空いた時間に毎日行います。本格的に鍛えるには、ツイストクランチが1番です。両膝を立てて仰向けになり、両手は頭の後ろで組みます。

 

右肘と左膝頭がくっついたら、ゆっくりと元の位置に戻します。反対に左の肘を右膝頭に付けるように身体を捩じって、左右交互に10回1セットにして2.3セット行います。即効性を求める人は、コルセットを着用すると身体を締付けられるので直ぐに効果が感じられます。

 

1日に3時間から6時間装着するだけなので、誰でも簡単にくびれを作れる方法と言えます。

くびれを作るには背筋の筋トレが効果的

くびれ,サイズ,お腹

 

背中に痛みを感じた場合は、前日にくびれを作るために背中を鍛えた事が原因であるケースがあります。背中の筋肉である背筋を鍛える事で、くびれを作る事が出来ます。背筋の中で1番大きい広背筋を鍛えると、姿勢が良くなったり基礎代謝がアップしたりします。

 

姿勢が悪いと背中が丸まっているので、お腹周りがたるんで脂肪が付きやすくなります。代謝がアップすると、脂肪が燃焼されやすい体質を作れます。背中の脂肪も燃えるので、ダイエットも出来ます。背筋を鍛える方法は色々あるが、普段運動を行っていない人は翌日に筋肉痛になる場合があります。

 

筋肉痛になったという事は、きちんと背中に効いている事になります。痛みの度合いにもよるが、毎日行っていくと筋トレにも慣れてくるので痛みも自然となくなってきます。このため、痛みの強さにもよるが痛みがあってもなるべく筋トレは続けるようにします。

 

痛みが原因で辞めてしまうと、痛みがなくなって再開した時に慣れていないので痛みが再発する可能性が高いです。背中に筋肉痛の痛みが出てもそれは筋トレが効いている証拠であるので、くびれを作るためにも背筋の筋トレは毎日継続して行います。

 

背筋のる筋トレを毎日行う事により、平らなお腹を手に入れられるようになります。

スタイルシェイプシートダイエットパッチの通販購入はこちら!トップページへ楽にお腹痩せしたい方、効率よくダイエットしたい方はトップページのスタイルシェイプシートダイエットパッチの詳細も確認してみてください。