探偵業で独立開業

開業資金や運営資金

運転資金・事業資金

業界によって、そのルールや慣例などあるのでしょうか。
探偵業の中にも特殊な暗黙のルールがあるのかもしれないですね。
何しろ、公にできないことを調査してもらったりするのですから。
経理や運転資金などきちんとしておかないとならないのは、どんな企業や家庭でも同じですよね。
とても良い案件が舞い込んでも、自分自身の生活が成り立たなくなっているとすれば、本末転倒です。
着手金の入金で調査はできても、様々な機材や人件費など目に見えない経費が重なってくると、大変です。信頼できる経理担当を置くことも重要なことになると思います。個人の財布ではどんぶり勘定で済むことでも、企業として活動していくには、お金の事を疎かにはできませんからね。

報酬額

依頼人からの報酬額をどうやって確定するのでしょうか。
ある程度のメニューなどもあるのでしょうか。
依頼する側としては、できるだけ支払額は少なくしたいという思いがあるのでしょが、受け取る側としては、可能な限り高額な方が良いに、決まっていますよね。
しかし、あまりにも高額すぎて、尻込みしてしまうということもあるのでしょうか。

そもそも、高額かどうかの判断も、各自の収入によって感覚も違いますから、一概には言えないのでしょうか。
と、なると、どんな方を依頼人として受け入れるのかというイメージを持っておくことも必要な気がしてきますよね。

目的は探偵依頼ということですから、その報酬としての対価をどのように考えているのか依頼人からしっかり聞き取っておかないとなりませんね。世の中の流れからして、昨今はメールだけでのやり取りもあるのでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る